試験機・測量機のレンタル修理・校正サービス改造・開発試験設備製作土木計測リンクお問い合わせ


HOME 修理・校正シュミットハンマーのレンタルと修理・検定

シュミットハンマーのレンタル・修理・調整

シュミットハンマーの原理シュミットハンマーNR型

1948年スイスのシュミット博士(Dr. E.Schmidt)により考案された、世界で最も広く採用されているコンクリートの非破壊式圧縮強度推定方法です
 シュミットハンマーに内蔵されているハンマーが、バネの力でコンクリート表面を打撃し、その反発度(R値)を表示します。この反発度(R値)を強度推定式に代入し、コンクリートの圧縮強度を推定します。
 シュミットハンマーの反発度とコンクリート強度やコア強度との関係は、多くの試験から、その間に相関関係があることが証明されております。しかし、圧縮強度を推定する上で影響する因子には、コンクリートの配合、材料、養生、材令、含水、表面状態、方向などがあります。これらの影響因子を補正することにより、相関関係の精度を向上させることができます

利点
非破壊検査手法であり、構造物に損傷を与えることなく測定が可能
機器が軽量であり、測定が簡便・容易に行える
容易に多数の測定が行えることから、強度分布の測定が可能

欠点
硬度から強度を推定する方法であり、他の測定方法に比べ精度はやや低い
コンクリートの湿度や表面の粗さにより、測定結果が影響を受ける。
厚さの薄いコンクリートでは、正確な測定ができないことがある。

 

(株)千葉測機はシュミットハンマー認定工場です

シュミットハンマー認定工場国土交通省(平成13年3月29日国官技第61号)の通達で、土木構造物の強度を必ず測定し、その結果を報告する義務付けがされました。それに伴い、シュミットハンマーを使用しているお客様からの問い合わせも多く、また土木研究所でも各業界で使用しているシュミットハンマーの精度確認を行った結果、全体の60%以上が整備不良品で有る事が判りました、

こうした結果を踏まえシュミットハンマー販売元のプロセクの日本代理店である兜x士物産は技術講習会を行い正しい修理・点検をマスターした業者を認定工場と定めることとしました

 

■検証の流れ

 

お客様よりシュミットハンマーをお預かり
※見積り依頼は分解、清掃しての調査の為、見積もり費用が発生いたします

お客様に合計金額(見積り費用+交換部品+基本調整費+試験成績書)をお知らせ
※試験成績書が不要な場合や交換部品が無い場合は費用が発生いたしません

お客様より「修理進行依頼」を確認後、シュミットハンマーの反発値(R値)を認定工場常備のマスター、セカンド、ローの3基のテストアンビルにてリニア性を検査

指定の手順及び正規(PROCEQ社)の純正部品にて修理・校正・検定

成績書等の発行
※不要な場合は発行いたしません

(財)日本品質保証機構[JQA]
※不要な場合は送りません

お客様へ

 

※メンテナンス時期の目安
シュミットハンマーは定期的に点検を行う必要があり、弊社としては少なくとも半年に1度の点検をお勧めしております(2000〜3000回の打撃回数が目安)

 


シュミットハンマーの種類

テストアンビルの種類

使用方法

シュミットハンマーによる圧縮強度の推定

TOPへ

 

 

シュミットハンマーの種類

普通コンクリート用・高強度コンクリート用

低強度コンクリート用(若材令時、脱型時等)

計量コンクリート用(メサライト、特殊建材など)

TOPへ

 

テストアンビルの種類

TOPへ

 

シュミットハンマーの使用方法シュミットハンマー概観図

シュミットハンマーの操作手順

1.収納ケースよりシュミットハンマーを取出して下さい。

2.プッシュボタンの止めテープをはがしてください

3.プランジャーの先端を硬い物に当て、軽く押し付けますとプランジャーが伸び測定できる状態になります

4.シュミットハンマーのプランジャーをコンクリートに直角にあて、静かに力を加え、プランジャーが引っ込み、カタンという打撃音がするまで押し続けてください

5.打撃が終了したら、プッシュボタンを押して下さい、プッシュボタンを押すとプランジャーが引き込まれた状態でロックされます。次に測定面よりプランジャーを引き離して下さい

6.シュミットの反発値(R値)を読み取って下さい
  N型は、目盛で確認し必ず別途記録して下さい
  NR型は、目盛または記録紙にて確認してください

シュミットハンマーの精度確認

1.アンビルは剛性の高いコンクリート梁の上や、柱の近くで平らで水平な場所に置きシュミットハンマーを真っ直ぐに下向きに挿入して精度確認をして下さい

2.アンビルおよびプランジャーの先端についている砂利等の異物を除去してから確認して下さい。

3.シュミットハンマーをアンビルガイドに挿入し、ゆっくり打撃して下さい

※反発値がアンビルの規定値範囲内に入らない場合は、修理調整が必要な可能性があります、千葉測機までアンビルと一緒にお送り下さい

TOPへ

 

シュミットハンマーによる圧縮強度の推定

シュミットハンマーによる圧縮強度推定のフローチャート

TOPへ

HOME 修理・校正シュミットハンマーのレンタルと修理・検定

Copyright (C)2007−2008 Tiba Sotuki Co.,Ltd All Rights Reserved